ロッドビルディング、ロッドビルドでオリジナルロッドを作る方法

ロッドビルディングロッドメイキングというと非常に難しいものと思われる方も多いと思います。
実は自作ロッドを作るのは結構簡単で、普通のオジサンの私でも誰かに教えてもらった訳ではなくネットの先輩方の記事を見ながらこれまでに5本のアジングロッドを作成しました。

デザインから自分で考えて作るとお気に入りの一本ができ、そのロッドで魚を釣り上げるのは格別です。
簡単なロッドビルディング
項目ごとに分けて少しずつ作成方法を書いていきますので、分からないことや気になることは是非リンクを見てみてください。

最初は私も、カーボンは切ったり削ったりできるのかアルミやチタンは削れるのかすら分かりませんでしたが、大丈夫です加工は難しくありません。

カーボンの粉塵対策や回転工具の使用につき、作業時はマスクとゴーグルの着用を!






ロッドビルディングをはじめるには


何からはじめれば良いのか分からない、それが普通で、まずロッドビルドにかかる費用等を見て、ゆっくりと考えてみてはどうでしょう。

必要な費用や部品の値段

持っている工具や作るロッドによって値段が変わってくると思いますが、概ね4万円から5万円もあれば私のようなロッドが作成できます。
値段が高いと思うでしょうけど、道具は使いまわしできるので、2本目からは2万円程度で作れますしエギングロッドメバリングロッドなども簡単にできそうです。

上に貼ったリンクを見てもらうと、大体の目安が分かると思います。

部品や工具の購入

近くにロッドビルディング用品を扱う釣具屋さんがある方は相談できると思いますが、私のような田舎者はネット通販を頼ることになります。


リンク先で紹介させていただいたのは全部私が購入したことことがある店です。
この中で初心者にオススメなロッドビルド店は、
・購入ページが見やすい
・メールで丁寧にアドバイスしてくれる
・品揃えが良い
ことから、定価販売ながらイシグロだと思います。

カタログの入手

上でオススメしたイシグロは買い物ついでに0円(送料別)でカタログも送付してくれます。
貰い忘れることなくカートに入れましょう。
富士工業、マタギ、ジャストエースのカタログは貰っておくと、他の方が作成したロッドを見て部品が分かり注文しやすいのでオススメです。

ジャストエースのカタログは、ロッドビルドの基本的な方法も説明してくれているので、初心者なら絶対に貰うべき!

ロッドデザインの決定

リールシートのデザインについて、最初はオーソドックスなIPSリールシートか、他の方が作られているロッドを見て真似するのが良いと思います。

使用している部品まで書いてくれているブログ記事は少ないですが、私が作ったものはある程度は書いてますし、コメントしていただけたら覚えている限りお答えします。


リールシートとグリップの作成


部品を購入して最初にするのがリールシートやグリップの組み立てになります。
IPSリールシートと専用に形成されたEVAを選べば、ほぼ電動工具を使わず数時間で簡単に作成できるでしょう。

スケルトンリールシートの作り方

軽量化やデザインにこだわる方はスケルトンリールシートを作られる方も多いです。

上で作成しているのがDPSスケルトンというタイプのリールシートで、ロッドビルダーで作り込まれている方が多いタイプ。
最軽量ロッドをビルドするならこのDPSスケルトンだと思いますが、リールフットとフードに隙間が出来てリールが左右に少し動くのに注意してください。
私が作っているロッドは全てSKスケルトンというタイプになります。

EVAやコルクの削り方

電動工具(ドリルやルーター)があればEVA等を工具の先に固定して回転させ紙ヤスリを当てれば簡単に削れます。

内径を変更したい場合は先に内径を調整してから外径を研磨すれば中心も出やすい。
ワインディングチェックを接着する面は、ワインディングチェックより少しだけ大きめに作成すると使用して傷んだコルクを削りやすいし、出来上がりが美しくなる。

EVAとコルクの品質

グリップ素材はメーカー各社が販売していますが、硬さ等が結構異なります。

EVAの違い

指で押しても凹まないくらい硬いものと簡単に凹むけど弾力があり戻る素材があります。
更に、目の細かさと色合いも違うので、リールシート部分とバットエンド側のEVAのメーカーは揃えたい。
柔らかいものは感度面も不安を覚えるので、私は硬いものしか使いません。

コルクの違い

コルクは品質の差が大きく、品質の良いものは値段が高いのでメーカーロッドもほとんど使用していません。
安いコルクリングほど穴が多く、形がガサガサしています。
メーカーロッドやビルドパーツメーカーのコルクは、パテを埋めてキレイに見えるようにしているものがほとんどです。
加工するならば、ビルドメーカーのコルクはパテで埋めている意味がなくなり、ボロボロになってしまう。

手触りの良いキレイなコルクグリップを作るなら、グレードの高いコルクリングを購入して削り出す必要があるでしょう。

コルクの補修

品質の良いコルクでも、自然の素材なので穴がありますし、経年劣化で痛むこともあるでしょう。

ロッドビルディングで形を作ったあとも、コルクパテを一塗りしてから、仕上げ削りをすると見違えるようになります。


ブランクの選び方と加工


ブランクはメーカーや種類が多いですが、ワンピースアジングロッド最初の一本なら、アジング用ブランクとして販売されているイシグロロジギア53マグナムクラフトAJX5917を選べば間違いないと思います。

ブログを書かれているビルダーの方々は、マグナムクラフトブランクを愛用されている方も多く、ここはメーカーから直接買うとB品ブランクを格安購入できるので、複数本作成するときは非常にコストパフォーマンスが高いです。

スパインの出し

ブランクはカーボンシートを巻いて作成しているので始点終点が重なる硬い部分ができます。
スピニングリール用ロッドでは、キャスティングのときにブレて悪影響が出ないようにガイドの逆側に硬い部分を持って来ることが多い。
アジングロッドの場合はロッドにハリも出るメリットもあります。
上の動画はジャストエースから引用させていただきました。
ジャストエースは、ロッドビルディング用の動画を多数配信していて分かりやすいので必見です。

チタンティップの削り方と接合

チタンティップアジングロッドを作成する場合、一番難しいと言われるのがチタンティップの接合だと思いますが、その理由はチタンが削れにくいから。

上のリンクの方法で、接合部のテーパーや先端直径の変更をしています。
金属は熱で変化しやすいので、水をかけながら等冷やしながら研磨してください。

接着はエポキシ接着剤か瞬間接着剤を使っていますが感度差は感じませんし、どちらの方法でも壊れたりしたことはありません。

より簡単な接合の方法

チタンを削れない!そんな方でもチタンティップアジングロッドは作れます。

上のリンクは、マグナムクラフトブランクとオリジナルチタンティップの考察記事で、私の知人はこの方法で2本のチタンティップアジングロッドを作成しています。
AJX5917は、根本1.2ミリのチタンティップならブランク先端の内径を広げるだけで継ぐこともできるようです。


エポキシ接着剤とコーティングの扱い


ロッドビルディングはエポキシ接着剤やエポキシコーティングと友達になることが一番大事なのではと思います。
リールシート周りの強度や見た目はエポキシ接着剤を確実に硬化されることとはみ出し量をコントロールする必要がありますし、ガイドスレッドコーティングはエポキシコーティングの粘度と硬化速度を考えないと形と適度な硬さが得られない。

私が使用しているエポキシ接着剤はデブコン30分型、エポキシコーティングはクリスタルシーンで、今のところ不満点はないです。
過去に使用したエポキシコーティングには硬化後に白濁したものもあり、古い(製造から日が経っている)ものは気をつけないといけないかも知れません。


ガイドセッティング


ガイドの配置でロッドの性格が変わるので、試行錯誤している方も多いようです。

メーカー製造の市販ロッドを見てもロッドによってガイド位置が大きく違い、逆に考えれば特別変な配置にしなければ失敗はないのではないかと思います。

私は富士工業ホームページに書かれているガイドセッティングを参考にしています。

スレッド巻き

ガイドを固定するために巻いている糸がスレッドで、巻くための道具としてはロッドラッパーが売られています。
上はFUJI工業の動画で、ジャストエースも良い動画を沢山アップしてくれているのでお好きな方を。
私は手で持って道具を使わずにアジングロッドにジャストエースのポリエステルAスレッドを巻いています。

明るい色のスレッドは隙間が目立ちやすいので、爪で押しながらかなり詰めて巻かないと色の濃淡が出てしまう。
メーカーロッドが黒色スレッドばかりなのはこれが理由ではないでしょうか。

スレッドコーティング

ガイドにスレッドを巻いた上にエポキシコーティングを行うのですが、この際にロッドを回転させコーティング剤を均一にするために使うロッドドライヤーはあったほうが良いでしょう。
FUJI工業の初心者と思われる女性でもこんなにキレイに!
仕上がりを良くする秘訣は、1回目のコーティングは多めにコーティングを塗って乾燥後に削り、2回目から薄く何度も塗ることではないかと思います。

基本的なロッドビルド方法はこれで終わりで、ロッド名やブランク名のネーム入れを好みでされる方も多いようです。


デザインや性能向上の試行


2本目からはデザインや性能にこだわりたくなるかと思います。
私のブログも少しずつ書いていますので、過去記事も見てみてください。

ロッドビルドをはじめるときに知っておいて損はないと思える記事だけをピックアップしてみました。
気が向いたら少しずつ更新するかも⁉

 チタンティップやアーバーの配置の考察

チタンティップアジングロッドを作成する場合、反響感度とテンション感度を両立させたい。

上の記事は、先輩方に知恵をお借りして自分なりに作成してみたロッドを比較しています。
チタンティップの長さや太さやブランクの選び方、アーバーの位置を考える参考に。

カーボンロービングフード

最軽量ロッドを作るときに、リールフードを改造するカーボンロービングフードは欠かせないもの。

このアイディアを考えられた方は、本当に素晴らしい方だと思いますし、いつかは私もそんな方に近付きたいと思っています。
カーボンロービングフードのデメリットは、スクリューナットが分離してしまうこととリール固定時に僅かに傾きやすいこと。

製作の精度と仕上がり

自分で作って市販ロッドと同じようにキレイにできるのかと思われるでしょう。
最初は部品の加工精度が低く接着剤のはみ出しもあるでしょう。
しかし、何本も作っているうちに市販ロッドに見劣りしないロッドが作れていると思います。

私は3本目4本目からは満足する仕上がりになってきました。

1PCロッドを2PCロッドに改造

チューブラーフェルールを使用して、高感度2ピースロッドを作成してみました。
ロッドビルディングショップでは1万円近い加工費用が必要な加工も、インターネットで書かれているほど難しくなく考えているよりは簡単です。

アジングロッド等に必要な振動や音の伝達を最優先した2PCロッドフェルールですが、市販品のソリッドフェルールよりも感度が良くなるのではないかと思います。


過去に作成したビルドロッド


今まで作ったロッドの紹介ページの写真はクリックすると拡大して見ることができるようにしています。




細かいところまで精度を出して作成できているロッドは遠目で見てもカッコよく見えるかも。
 

終わりに


長い記事を最後まで読んでいただきお疲れ様でした。
この記事を作るために細かい記事を多数作成していたので、書くのが遅くなってしまい申し訳ございません。
これからはじめる方が、ロッドビルドは簡単と思えるようになっていただけたら幸いと思いこのブログを書きました。
実際にロッドを作ってみると、このブログに書いてたより簡単だなと感じるはずです。

あなただけの素晴らしいオリジナルロッドができますように応援しています!

0 件のコメント :

コメントを投稿

ちょーさんにコメントをよろしく!