チタンティップアジングロッド 四号機 スケルトン自作

ロッドビルドをはじめて早4ヶ月、4本目の自作チタンティップアジングロッドの試作機が完成しました。

試作四号機は、構想は試作三号機と同じ時期から始めていたのですがチタンティップの見直しやガイドの追加等で作成期間が一番長くなったロッドです。


コンセプト


ティクトUTR-55デザインをスケルトンで!が当初の発想でした。

レングスは5フィート3インチですが、超ショートハンドルなので、ブランクの有効長は初号機(5フィート6インチ)と全く同じです。
自作ロッド 宵姫天型 チタンティップ

チタンティップアジングロッド 宵姫天型
作成していると某ショップブログで、
エンドグリップの有無で反響感度が変わる
と書かれていたことが気になったものの、宵姫天デザインは私には受け入れ難い。

それなら可変装置を付けようと思い、それに向けてリールシートデザイン等も変更しました。

自作ロッド デザイン

自作ロッド リールシート
今までは段差を無くすことが美しいと考えて、ロッドを作成してきました。
試作四号機は、調整した段差を作るとオールドスポーツカーの様なカッコいい感じが出れば良いなぁと考えてみたのですが、どうなのでしょう?



カーボンパイプの段差とアーバー位置


エンドグリップを外したときに変形し外径15mm内径14mmカーボンパイプが剥き出しになり鯵デストロイモードになります。
自作ロッド 可変式
スレッド(蛍光オレンジじゃない方)も変色するタイプで、光が当たる角度で赤や緑に色が変わります。
自作ロッド ガイドスレッド

チタンティップアジングロッド ガイドスレッド
着脱式エンドグリップは簡単に外れない内径に調整し、普通にダブルハンドキャスト出来る位に調整。

このモードを最大限活かすのは、リールシートの出来る限り前にアーバーを配置しアーバーから後ろの開放空間で音を反響させるのがベストではないか?と考えました。
反響感度増幅 リールシート
上の写真の青線の位置がアーバーですが、その後ろ側の密閉された反響空間で振動を増幅させ、開放された反響空間で響かせる楽器の太鼓と管楽器を合わせたイメージ

ブランク後端は、エンド側アーバーから5mm位しかリールシート内には入っていません。


製作上で問題になるのが、アーバー間が短くなるほどガタツキが出やすくなるのでアーバーの加工精度を高める必要があることです。

印籠継の2ピースロッドはキッチリ作らないとカチカチと音がなるから難しいと言われているのと同じ様に

何度もアーバーを作成し直して、接着剤無しで振ってもブランクとリールシートにグラつきカタツキが無いところまで詰めました。

エンドグリップの有無で壁を擦ったときや床に触れたときの反響は今まで作った自作ロッドに比べても、確かに乾いた感じの音と振動に変わってます。

実釣した結果もエンドグリップが無くて、薄いカーボンパイプに響いて反響感度が高いように感じました。


今回、ジャストエース製カーボンパイプに切り込みを入れて、リールフード部が完全にカーボンパイプに収まるように加工しています。
自作ロッド スクリュー
これにより、ネジ山のナイロン樹脂を最小限に!

チタンティップ


ブランクはマグナムクラフトランカースペシャル8628を使用するのでブランク先端径1.4mm、ティップは硬めのセッテイングを考えました。

今回のチタンティップは、
間違えて購入した
先端0.7mm末端1.5mm、長さ300mm
を使用
チタンティップ
このチタンティップは、先端から175mm後で直径1.4mmになり、試作四号機では長さ先端から180mmで切断し10mmブランクに埋め込むので、チタンティップの根本は1.38mmになりました。

計算上、チタンティップ長さ5cmにつき0.2ミリmm太くなっていくテーパーですので、マイクロメーターでの測定結果も計算通り
チタンティップ 継ぎ目
試作四号機はチタンティップにガイドはトップガイドともう1つだけなので、ガイド取り付け位置から削り込んでチタンティップ先端径を0.65mmにしてみました。


試作四号機のスペック


長さ 5フィート3インチ
重さ 39.5 グラム(AJ-D時36.2グラム)
ガイド LFTT3-0.7 KTTG3×3 KTTG4 KGTT6 ATTG12
ブランク ランカースペシャル8628
チタンティップ 0.7mm-1.38mm 長さ170mm
チタンティップアジングロッド 重さ

軽量アジングロッド 重さ


4 件のコメント :

  1. 素晴らしいと思います。こっそり応援してます。

    返信削除
    返信
    1. ちょーさん2018年3月6日 21:17

      ありがとうございますm(_ _)m

      技術や知識はまだまだですが、熱意とアイディアだけでロッド等を作ることを楽しんでます。
      初号機reも完成させたいのですが、こちらは熱(気温)が足りてません…

      このブログのコンセプトは、調べて分からなかったことをやってみて結果を書いて、誰かに喜んでもらえたらです。
      コメントをいただけることが一番の励みになります!

      削除
  2. 初めまして、今回アジングの竿を作ろうと思っています。

    ちょーさんの、デザインなど参考にしたいのですが
    マダギとフジのカタログを探しているのですが

    よくわからないパーツがあります。

    オレンジのリングの型番を詳しく教えてもらうことはできませんか?

    頭がパンクしそうです。笑

    返信削除
    返信
    1. ちょーさん2018年5月28日 11:33

      いつもありがとうございます!
      返事が遅くなりすみませんm(__)m

      試作四号機オレンジ色のワインディングチェックは、ヤフーショッピングの流星フィッシングで販売しており、型番は
      BLANK ZAPPER BZDRF-20 1個
      BLANK ZAPPER BZDRF-18 1個
      BLANK ZAPPER BZWCP-15.5 2個
      スクリューナットが ALPS LN-16 1個
      になります。
      リールシート内側はマタギ等のカタログから選ばれて下さい。

      BZDRF-20は、ワザとはみ出して作成しているので、リールシート後ろにピッタリ合わせるならBZDRF-20は買わず、BZDRF-18を2個購入すればよいかと思います。

      色の売り切れが増えてきていますが、良いロッドができますように(^^)

      削除

ちょーさんにコメントをよろしく!